教えて!トランクルームの比較6サイト

TOP > トランクルームについて > トランクルームではサイズを選ぶ

トランクルームではサイズを選ぶ

通常は生活に必要な荷物は自宅などに保管をします。
しかし自宅の収納などが少なくなれば居住スペースにどんどん荷物があふれてきます。
そのうち生活に支障が出てきてしまうかもしれません。
その時に利用すると良いのがトランクルームです。
アパートなどを借りて荷物を置こうとする人がいますが、アパートなどは居住できるスペースなのでどうしても賃料が高くなります。
トランクルームは荷物を保管するだけのスペースなので、広さのわりに賃料があまり高くありません。
荷物の多い少ないはあるでしょうが、うまく選べばかなり収納コストを軽減できるでしょう。
では、どんな時にどんなサイズを選ぶのが良いかです。
よくあるのは引越しの時の利用です。
タイミングが合わず荷物は運びだしたが次の住居が決まらないときなどがあります。


この時にはコンテナタイプを使います。
イメージとしては鉄道の貨物で積まれているコンテナを想像すればいいでしょう。
かつては本当に古い鉄道のコンテナを使うときもありましたが、最近は専用のコンテナが使われています。
かなりスペースの大きいタイプであれば、一軒家に入っている荷物の多くを収納できるときもあります。
それでも1箇月の利用料は1万円もしないところがあります。
奥行きと高さがあるタイプであれば、かなりのものをおっことができるでしょう。
コンテナタイプの場合は、コンテナ一つ分や2つ分、2分の1や3分の1なども用意されています。
それほど大きくなくていいなら2分の1などを利用すればいいでしょう。
もちろん広さによって料金が異なるので、できるだけ荷物に合ったトランクルームを探した方が得になります。


引越しの荷物などを置くならコンテナタイプが良いですが、趣味のものなどを一時的に保管したいとなるとそこまでのスペースは必要ないでしょう。
その時にはもっと小さいタイプの利用ができます。
段ボール一箱分から置くことができるサービスがあります。
主に屋内タイプになっていて、空調のきいたところで保管してもらえます。
いくつかのボックスがあり、そのうちの一つを利用します。
利用料金は1箇月で数千円ぐらいですが、こちらもサイズによって料金が微妙に異なります。
置きたいものの数が増えそうなら大きいサイズのボックスへの変更が可能です。
また、複数のボックスを利用する方法もあります。
屋外にあるところだと雨の中で荷物を取り出したりしないといけないときもありますが、屋内のタイプなら雨など気にする必要はありません。

次の記事へ

カテゴリー